[不動産物件を売却されたい方]不動産仲介の有限会社サカモト住研

 
ホーム 売却 購入 仲介手数料について リフォーム  
不動産売却
不動産購入
仲介手数料について
会社情報
リフォーム・雑仕事
諸費用ガイド
不動産の流れ
お問い合わせ
ご売却フォーム
ご購入フォーム
メールへリンク
z
 
個人保護の取り扱い
駐車場管理物件
不動産のあれこれ
 
 
 
正規会員

全日本不動産協会

全日本不動産保証協会

全日本不動産近畿流通センター
アットホーム株式会社
 
 
 
売却不動産物件を募集しております。他社に媒介を依頼されている物件でも専任媒介契約以外のものであれば当社でも売却することが可能です。他社と専任媒介契約の期間満了後であれば可能です。売却不動産に関しても、不動産の仲介手数料の値引きを実施しております。売却の物件価格に関わらず、仲介手数料半額でさせて頂いております。例えば、3000万円の売却物件で約50万円割引になります。売却価格が分からない方も無料で査定させていただきます。
 
所有の売却物件をお電話又はFAX又は売却希望フォームにてお問い合わせください。もちろん、通常仲介手数料(物件価格に3%+6万円+税)の一律半額です。
 

お急ぎの方は、

    TEL   0797-25-0090
    FAX   0797-25-0095
    物件詳細希望フォーム
 
ご心配は無用です。法定上限(3%+6万円+税)を取られている他社様と当社のサービスに関して何ら変わりません。むしろ、当社では売主様(お客様)に合わせた売却戦略を立てますので一緒に価格面を相談していければと思います。稀に、当サービスに不当な事を言われる会社もおられますが、契約等のサービス面では一切変わりませんし、同じ作業ですので少しでも売主様に還元していこうと頑張っております。
 
弊社は、大手YAHOO不動産や近畿レインズなどに掲載しております。
 
①他業者様に対して物件を隠す行為(「商談中」「広告禁止」「インターネット禁止」「チラシ禁止」)など売主様が不利になる事を一切せずに他業者様にオープンにします。※売主様が、オープンにする事が本当に都合が悪い場合はオープンに致しません。例えば、住みながら売られている物件などです。
 
②物件をオープンにするため、当社や他業者様を介して他社様の自社サイトや不動産ポータブルサイトやチラシなどに広告が出ますので目につきやすく決まりやすくなります。
 
③不動産の仲介手数料が半額になるからと言って手抜きは一切致しません。
 
④大手様のように両手取引(売り手と買い手の仲介業者の立場)主体では有りませんので、売主様側だけの味方です。売主様側と買主様側とが同じ仲介業者になると言うのが問題で、どちらの方の味方になるか分からないからです。
 
⑤不動産会社に言われた価格設定で売る必要はありません。もちろん、売却が成立するには相場というものがありますが、初めは希望価格から当社では売却する事も可能です。
 
⑥売却図面も手書きでは無く、図面プランナーで作成しより分かりやすい売却図面を作成します。
 

⑦専任媒介契約での売却依頼なら登記簿謄本などの売却時に必要な公共機関などからの取り寄せ書類費用も無料です

 
 
大手など両手取引主体の仲介業者になりますと以下のような事が起こります。仲介業者は、売り主側・買い主側から同じ正規仲介手数料をもらえるため、1つの物件に関して仲介手数料が約6%+αになるのが多いです。そのため、なるべく価格を抑えて買い主がすぐに購入できる金額にお話を持っていく場合が多いです。この場合は、「売り主」、「買い主」の別の考えの立場の方々を一つの仲介業社が役割を果たしていますので、市場論理に合っていません。当社では、物件をオープンにして売り主様の味方だけの役割を果たします。
つまり、両手取引の他社ですと売主様側の売買価格を値段交渉して200万円価格を下げても、両手取引をする会社にとっては仲介手数料12万円程度がその営業マンに入る費用が安くなるだけなので両手の方が良いことになります。
 
事例①同一の仲介業者になる場合。
 
事例②他業者の連れてきた買い主様の方が高いのに売り主に報告しない。
 
上記の内容の件で、よく売手様の業者に買いたいと話を持って行くと当該物件は「商談中、値段交渉中ですので2番手になります」と言われます。購入希望のお客様が売り出しの価格のそれでも買いたいと言っても、売手様の業者は「当該物件は終わりました」と答えが返ってきます。後日、成約価格を見ると200万円安く売られている事がよくあります。つまり、両手取引をしている業者は、他社から入った高い価格の商談を売主様にも報告せずに割り引いてでも両手取引を狙うという方法です。この場合は、両手取引をしている業者には売手様側の仲介手数料と買手様側の仲介手数料の約6パーセントを貰っています。他社には、最後の最後まで隠す手法です。
 
弊社では、事例①、②のような事はありません。全てをオープンにしております。売却物件が有りましたらどんな物件でもご相談ください。
 
 
 
 
 

 

 
ホーム  |  買いたい  |  売りたい  |  仲介手数料について
リフォーム・雑仕事  |  会社案内・エリア・スタッフ紹介・方針
諸費用ガイド・仲介手数料早見表  |  購入/売却の流れ
個人保護法の取り扱い  |  駐車場管理物件  |  物件情報
不動産あれこれ情報
有限会社サカモト住研
〒659-0022 兵庫県芦屋市打出町7-26
TEL   0797-25-0090
FAX   0797-25-0095
メール  sakamoto@fudousanbaibai.jp
 
Copyright (c) 2016 SakamotoJyuuken. All rights reserved