[仲介手数料とは]不動産仲介の有限会社サカモト住研

 
ホーム 売却 購入 仲介手数料について リフォーム  
不動産売却
不動産購入
仲介手数料について
会社情報
リフォーム・雑仕事
諸費用ガイド
不動産の流れ
お問い合わせ
ご売却フォーム
ご購入フォーム
メールへリンク
z
 
個人保護の取り扱い
駐車場管理物件
不動産のあれこれ
 
 
 
正規会員

全日本不動産協会

全日本不動産保証協会

全日本不動産近畿流通センター
アットホーム株式会社
 
 
 

仲介手数料とは、不動産仲介業者を通して不動産を売ったり、買ったりする場合に、不動産会社に成功報酬として支払うお金のことです。媒介手数料とも言います。

 
あくまで成功報酬として支払うもので、売買の依頼をしても取引が成立しなければまったく支払う必要はありません。また、不動産の取引契約が有効に成立しなければ媒介が成立したと言えないので、契約が無効・取消しとなったときも、宅建業者は報酬を請求することはできません。
 
このように、宅建業法(宅地建物取引業法)では、成功報酬主義が取られています。
仲介手数料は上限が決められており、その上限を計算する簡易計算式があります。
 
税抜物件価格×(3%+6万円)×消費税=報酬の法定上限額 
 
仲介手数料は、上限が宅建業法で定められています(宅地建物取引業法 第46条)。
ですから、それを超えない範囲内で不動産会社が自由に決められます。
一般的に不動産会社は、上限いっぱいに設定しています。しかし本来は、法律の定める限度額内で、相談で決めるものなのです。
 
売買する不動産の価額を次の3つの金額に区分して、それぞれに所定の割合を乗じて得た金額を合計した金額が上限となります。
売買代金 仲介手数料
(消費税含まず) (消費税含む)

200万円以下の金額

5.4%以内の額(=5%+消費税)

200万円超え400万円以下の金額

4.32%以内の額(=4%+消費税)

400万円超える金額

3.24%以内の額(=3%+消費税)

1. 不動産の表示価格は総額表示(税込価格)です。仲介手数料は、物件の税抜価格をもとに計算します。
2. この報酬金額は依頼主の一方(売主または買主)から得られる額です。依頼主が売主・買主の2者の場合、双方から媒介報酬を受け取ることができるので、報酬額はこの金額の2倍になります
 
 
不動産業界は「経費」が膨大にかかる業界です。
「経費」としては、営業の人件費や、広告スタッフの人件費、広告宣伝費(テレビCM、カラーのチラシ、自社ホームページ、ポータルサイトへの掲載、雑誌広告への掲載等)、車両費等々が挙げられます。
会社の規模が大きいほど、これら「経費」は大きくなります。
上記であっても購入する物件・売却される物件は、他社の物件と同じ物件です。
 
 

有限会社サカモト住研は創業が平成元年で、約28年間の間を地元で営んでおります。全日本不動産協会・アットホームの正規会員です。又、不動産ポータプルサイトの「YAHOO不動産」に常時掲載しております。又、経費削減の一部でリフォーム業などと兼業をしております。本社も2階を事務所にしております。又、購入や売却希望のお客様のほとんどは物件の現場やお客様のご自宅に出向いてお話をしております。その分、仲介手数料の割引等でお客様に還元させて頂いております。なので、お客様の相談にはトラックでお伺いする事もございます。

 
不動産取引は、代金と土地建物(権利書)の交換で同時決済なので仲介手数料が安いからと言って、「取引が雑など」、「騙されているのではなど」、の事は一切心配されなくて大丈夫です。弊社は、兵庫県知事からの免許があり、大手仲介業者や他の中小の仲介業者となんら変わりません。弊社は、建物関係、擁壁関係、設計関係、構造関係などに詳しい業者です。
 
 
 
 
 
ホーム  |  買いたい  |  売りたい  |  仲介手数料について
リフォーム・雑仕事  |  会社案内・エリア・スタッフ紹介・方針
諸費用ガイド・仲介手数料早見表  |  購入/売却の流れ
個人保護法の取り扱い  |  駐車場管理物件  |  物件情報
不動産あれこれ情報
有限会社サカモト住研
〒659-0022 兵庫県芦屋市打出町7-26
TEL   0797-25-0090
FAX   0797-25-0095
メール  sakamoto@fudousanbaibai.jp
 
Copyright (c) 2016 SakamotoJyuuken. All rights reserved